HOME > cs_event > ev20170528_imo_uetsuke

さつまいも苗の植え付け作業
2017/5/28 岩岡町の畑にて

神戸まつりパレードの興奮も冷めやらぬ5月28日(日)に時期としては少し遅めのさつまいも苗の植え付け作業を行いました。
以前から「スカウトたちに農作業体験を!!」と考えていましたが、なかなか野良仕事を行えるチャンスがありませんでした。
今回、たまたま友人から「ちょうどいい畑があるのでやってみないか?」とのお誘いがあり喜んでチャレンジしてみることにしました。
また、せっかくの農作業体験なので40団にも声がけしていっしょに行うことになりました。


事前の打ち合わせで熱中症対策として、午前中にリーダー、団委員が先に現地に赴いてそれぞれの隊が使用するフライを張っておくことになりました。
当日は少し風が強めでしたが予定どおり午前中にその作業を終えました。現地に行って見ると思いのほか畑は広く、すでに友人から紹介された地主の方がいく筋もの畝を作ってくれていました。
今回さつまいも苗の植え付けは両団合わせて全部で60株なので1筋の畝で十分足りました。
 

 

午前中の苗植え付けのための準備作業が終わったので、昼食とスカウトたちの迎えのため一度スカウトたちの集合場所まで戻りました。
午後に改めて岩岡町の畑を訪問して地主さんへの挨拶と植え付けの方法と注意事項をお聞きして組ごとにさつまいもの苗の植え付け作業を行いました。
畝の上に張られた黒いビニールシートの所々に20cmほどの切れ込みが入っているので、そこにさつまいもの苗を斜めに植え付けて行きます。
植え付けた苗の根元に隣の田んぼからもらった水を500mlの容器2杯分ぐらいかけて行きます。
子供たちは本能的に土いじりが好きなのか一生懸命作業をしてくれました。40団と43団合わせて6組がそれぞれ植えた箇所に自分の組の立て札を立てました。
 

 

ひととおりの作業を終えた手は土と泥水で激しく汚れています。地主さんが用意してくれていたポリタンクの水で手をきれいに洗ったあとは午前中に張ったフライの下での楽しいおやつタイム。ここで水分と塩分を補給して熱中症にならないようにとの配慮もあります。
 

 
植え付けの時期が遅いので収穫は10月の終わり頃とのことです。
収穫までに何度も草抜きと水やりを40団と43団が交互に来なければなりませんが、野菜は手を掛ければ掛けるだけ応えてくれるそうです。秋の収穫での焼き芋を楽しみにしながら頑張りたいと思います。
 
地主さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。