HOME > cs_event > evt20151129_goudou

地区合同隊集会
2015/11/29 「加古川市立少年自然の家」にて

今年の9月に上進したり、新しく入隊したスカウトたちが、新しい年度に入って他の団のスカウトたちと初めて顔を会わせる地区合同隊集会が「加古川市立少年自然の家」で開催されました。
今回の地区合同隊集会のテーマは「ポイントラリーとスイーツづくり」です。
各隊のスカウトが組ごとにフィールドアスレチックをしながら途中に設置されたチェックポイントを回り、3つのポイントでゲームにチャレンジしたあと、くじを引いてスイーツにトッピングする食材をゲットしてゲームの後で作るホットケーキにデコレーションしてゆきます。
カブ隊の活動状況へ


(ポイントラリー)
開会式はいつものようにカブコールからスタート。スカウトたちが大輪になり、地区合同隊集会の大橋隊長から挨拶の後、和田副コミッショナーからのポイントラリーとスイーツづくりのオリエンテーションがありました。
いよいよオープニングゲームのスタートです。オープニングゲームは暗号解読。スカウトたちは暗号表と照らし合わせながら文章を読みといていきます。あっという間に解読を終える組やなかなか解読できない組など色々。
オープニングゲームを終えた組からフィールドアスレチックをしながらゲームポイントを目指してスタートしてゆきます。
朝の開会式で隊長からゲームポイントにおいてゲームの結果だけではなく申告の仕方、整列、態度などのスマートさなども審査の対象にすることを聞いていました。その話を意識している組やあまり意識していない組がありましたが、組長がしっかりしている組は比較的できていたように思います。
今回はすべての組が時間内にゲームポイントを通過してゲームを終えることができました。


(スイーツづくり)
昼食後はお待ちかねのスイーツづくりです。
機材担当のリーダーから機材を受け取り、食材担当のリーダーから食材を受け取ります。
元になるホットケーキはリーダーが材料を調合しているため、焼き方とトッピングの仕方が審査対象となります。
少し焦がし気味のものや焼き方が浅いものなど色々ですが、カセットコンロの火加減を調節しながらだんだん上手になっていきました。
トッピングは各組ごとに趣向を凝らしたものが多く、甲乙付けがたい状況でした。スイーツづくりの審査は以前の打ち合わせから隊長一任ということになっていたので、大橋隊長の独断と偏見?で優秀組が決まりました。
スイーツづくりの後はみんなで後片付け。すべてのプログラムを終えて最後の表彰式に臨みます。

 

今回のポイントラリーとスイーツづくりに参加した組は全部で9組。
その中でわが43団1組は「計測」で1位に輝きました。
スイーツづくりでは優秀組40団2組の他に特別賞として自隊の隊長の似顔絵を描いた2団1組が表彰されました。
当日の天気も上々でスカウトたちにはとっても思い出深い合同隊集会になったのではないかと思います。