HOME > cs_event > evt20151108_23

カブ訓練2&3
2015/11/8&11/23 多聞団地センター&多聞台中央公園にて
 

11月8日は、カブ訓練の2回目として「刃物の使い方」、「簡単な工作」などの訓練を行いました。
また、11月23日はカブ訓練の3回目として、次の週に行われる地区合同隊集会に向けて、「暗号」、「計測」、「ロープワーク」など、カブスカウトとしての基本的な訓練を行いました。


(刃物の使い方)
今日の活動は刃物の正しい扱い方を学ぶため、小刀を使って鉛筆削りをしました。
隊長から小刀の持ち方、鉛筆の削り方を教えてもらってさぁーチャレンジ。初めはおっかなびっくりで恐る恐る削り始めましたが、少しするとコツが分かってきたのかスムーズに刃先が動くようになってきました。
それでも刃先に指をもっていこうとしたりするたびに隊長から注意されていましたが、程なくすると全員怪我もなくきれいに削り終わりました。
 
最近は刃物を手にする機会が少ないため、ボーイスカウトでは活動で刃物の取り扱い上の注意を行っています。


(簡単な工作)
簡単な工作として、「糸電話」づくりにチャレンジしました。
副長が用意してくれた材料を使って糸電話を作ります。紙コップと糸、爪楊枝を使っての工作です。糸電話はあっという間に完成してみんなで実験をしたところとってもうまくいきました。
紙コップからプラスチックのコップに変えるとよりハッキリ聞こえることも学びました。工作の後はソングの練習をして活動を終えました。 


11月23日は、11月29日(日)の地区合同隊集会に向けて、ポイントラリーのゲーム練習を行いました。
 
(暗号)
あらかじめ地区の副コミッショナーからもらった練習用の暗号文を絵文字の暗号表と照らし合わせながら読み解いていきます。
よく似た絵文字がたくさんあるため、文章がうまく繋がらなかったりしましたが、読み解いていくうちにわかる文字だけを先に解読すれば前後の文脈で分かることを理解したため、その後は作業がはかどりました。
  
(計測)
ボーイスカウトでは、身体の色々な部分を使って長さを測る訓練をします。
手のひらを一杯に拡げた親指から小指までの長さ、両腕を水平に拡げた中指の先から先までの長さ、靴のサイズ、歩幅など色々な長さをあらかじめ測っておいて大きさや距離などの大まかなものを測る時に利用します。
ポイントラリーにおいても、地面に描いた四角の両辺を歩測で測って四角の面積を出すというポイントがあります。
 
(ロープワーク)
ポイントラリーにおいて、引き解け結びを使ってみんなで力を合わせて水の入ったペットボトルを運ぶゲームが予定されています。
直径1mの円の中に置いた水の入ったペットボトルにロープの端に作った引き解け結びの輪を引っ掛けて円の周りのスカウトたちが一斉にロープを引くと引き解けの輪が縮まってペットボトルを持ち上げることができます。
本番と同じ条件で練習をしましたがなかなかうまくできませんでした。