HOME > cs_event > evt20150503

40団・43団・52団合同 くまキャンプ
2015/5/3~4 西脇市立武嶋キャンプ場にて
 
 

ゴールデンウィークの最中、5/3~4の1泊2日で西脇市立武嶋キャンプ場において40団、43団、52団合同でボーイ隊とのくまキャンプを行いました。
くまキャンプは、今年の9月にカブ隊からボーイ隊に上進するくまスカウトたちを対象に行うもので、ボーイ隊のスカウトといっしょにキャンプ生活を体験したり、ボーイ隊の隊長からボーイ隊のおきてをはじめ色々な話を聞いたり、先輩スカウトから色々なキャンプ生活の技術を教わったりする訓練キャンプです。


訓練キャンプで使用する武嶋キャンプ場は西脇市の郊外にある自然豊かなキャンプ場で電気、水道などはなく仮設のトイレが1箇所あるだけで飲み水はポリタンクでの持ち込み、使用後の食器は側を流れる小川で洗い物をするようなボーイスカウトの訓練キャンプにはもってこいのキャンプ場です。ボーイ隊のスカウトたちやリーダーはカブ隊より1日早く現地に入ってカブ隊のスカウトたちを受け入れるための準備をしてくれていました。
連休中の天気は概ね良好だったのですが、あいにくカブ隊が現地に入る5/3~4に掛けてのみ天気が下り坂で雨が予測されていました。結果的には途中何度か時雨たものの、初日の夜のキャンプファイアーまではなんとか雨に会わずに過ごすことができました。
現地に到着したくまスカウトはボーイ隊のリーダーがウェルカムランチで作ってくれたカレーライスに舌鼓。昼食前には自分たちが今夜泊まるためのテントサイトの設営作業を行いました。カブ隊のくまスカウトたちは各班に分けられてボーイ隊の夕食づくりの手伝いをしたり、いっしょに食事したり、普段あまり経験することのない野営体験を楽しんでいました。
 

 

 幸いキャンプファイアまでは大した雨にも会わずにボーイ隊との交流を深めました。キャンプファイアも終わり、火が消えるのを待っていたかのように雨が降り出しました。
キャンプファイア終了後、1日目最後のプログラムであるチーフリング作りをボーイ隊長指導のもと、本部テントでランタンの灯りを頼りに行いました。縄跳び用のビニールロープを使って編んでゆくのですが、編み方が複雑なためみんな悪戦苦闘しながらもなんとか形になっていました。
 

 

翌朝も多少小雨にはなっていましたが、雨が降り続いていたため、朝食後ボーイ隊のテントサイトの点検作業の見学終えると予定を早めて撤収することとなり、雨の中カブスカウトたちは自分たちのテントサイトの片付けを手伝いました。
午前中ですべての片付けの後、閉会式を終えて現地解散となりました。
くまスカウトたちは近々訪れるボーイ隊への上進に向けて気持ちを新たに帰路につきました。