HOME > cs_event > evt20150321

2団・37団・43団合同隊集会
(サイクリング&野外料理大会)
2015/3/21 明石少年自然の家にて
 

2団・37団・43団でサイクリング&野外料理大会の合同隊集会を行いました。場所は江井ヶ島にある「明石少年自然の家」。瀬戸内海に面した風光明媚な海岸線が広がる絶好の立地。近くには漁港や松林、由緒ある神社、造り酒屋などもあり、喉かな風景の中ゆったりとした時間が流れるような雰囲気に包まれています。


当日は心配していた天気も私たちに味方してくれたのか絶好のサイクリング日和になりました。
今回は三つの団の合同ということでスカウトたちの組編成を合同隊集会用に組み換えて各団のスカウトたちが交流を図れるようにしました。
集合場所の舞子公園の駅前広場で組編成を発表して、組分け後すぐ組ごとに本日行う野外料理コンテストの作戦会議をしてもらいました。
予定の電車の時間が迫ってきたため、作戦会議もそこそこに本日の目的地である「明石少年自然の家」に向けて出発です。


最寄り駅の「江井ヶ島」駅からは徒歩で15分程度で目的地に到着。
この日の合同隊集会をサポートするためにたくさんの団委員や保護者の方々も参加してくれました。
現地に到着後、早速カブコールで開会式が始まりました。開会式の間に職員の方がサイクリングのための自転車を準備してくれています。
開会式が終わると、いよいよ本日最初のプログラムのサイクリングです。


スカウトたちはたくさんの自転車の中から自分にあったものを選んでサドルの高さの調節をしてもらいます。職員の方から自転車の乗り方についての注意事項を聞いたら、さぁーサイクリングに出発です。
2団の隊長を先頭に長~い隊列を組んで進んで行きます。今日のサイクリングコースは「明石少年自然の家」から「住吉神社」まで江井ヶ島の海岸線沿いをサイクリングします。
途中の休憩では海岸に下りて海辺で遊びます。海の水は冷たいですがとっても綺麗で、スカウトたちはとこぶしやヤドカリを見つけてはおおはしゃぎ。休憩が終わってもなかなか離れようとしません。しばらく走ると折り返しの「住吉神社」が見えてきました。


ここでもまたスカウトたちは海に夢中。
靴と靴下を脱いで海に足を浸ける者、海岸の砂浜で貝殻を探す者、海に突き出た防波堤の先まで歩いて行く者など様々に自然を楽しんでいます。
海岸から上がると遊歩道を挟んで「住吉神社」の境内があります。入口には大小二つの鳥居があり、2団の隊長から松ぼっくりを投げて鳥居の上に上手く乗ると願い事が叶うと教えられると今度はスカウトたちの松ぼっくり投げ大会が始まりました。
時間も予定より30分ほどオーバーして11:30近くになり、そろそろお腹の虫も鳴き始めました。帰りは潮風を浴びながら、一直線に「明石少年自然の家」まで戻りました。


到着後、自転車を戻すと早速野外料理の準備に掛かります。既にサポートの団委員さんや保護者の方が炊飯場での薪や調理器具の下準備をしてくれていました。
本日のメニューは飯盒で炊いたご飯、大根、豆腐、青ネギのお味噌汁、フライパンで焼く卵焼きの3品。3組に分かれたスカウトたちは朝の作戦会議で決めた役割にしたがって料理取り掛かります。釜戸に火を起こす者、食材を切る者、飯盒のお米を洗って水加減を見る者などデンリーダーや団委員、保護者の方々のアドバイスを受けながらみんな一生懸命取り組んでいました。予定の時間より大きくずれ込みましたが、3組ともご飯、味噌汁、卵焼きの3品が出来上がりました。
採点は3品を総合してリーダー、団委員、保護者全員がそれぞれ味見の上、優秀と思われる組に投票する方法で行いました。それぞれの組の出来栄えが思った以上に良かったため、甲乙付けがたく審査する側の大人たちもかなり迷っていました。
投票の結果1組7票、2組4票、3組3票ということで1組の優勝ということになりましたが、票差以上に実力は拮抗していたように思います。
それでも普段の集会では顔を合わすことのない他の団のスカウト同士が協力していろいろなプログラムに取り組むことができてとても意義のある合同隊集会になりました。