HOME > cs_event > cs_event20130728

ペットボトル筏作りと乗船体験
2013/7/28 「加古川市立少年自然の家」にて

ペットボトルと竹で筏を作り、池に浮かべて乗船体験をしました。


ペットボトル筏作りと乗船体験を行いました

「加古川市立少年自然の家」の地知行池(じちがいけ)で、ペットボトルの筏を作り、池に浮かべて乗船体験をしました。
前回の活動で、ペットボトル1本で何kgの重さを支えることができるかの実験をして、大人1人と子供1人が一緒に乗る時は何本ペットボトルがいるのか計算しました。


筏組み立て開始

リーダから筏の作り方の説明を聞いて、竹と2リットルのペットボトルとロープを使って筏作りを始めました。


竹にペットボトルをしばりつけ筏の部品を作ります

みんなで手分けして、1本の竹にペットボトルを5個ずつしばりつけました。


筏完成!!試乗開始。

みんなで作った筏の部品をロープでつなぎ合わせると筏の完成。
いよいよ、ライフジャケットを着てペットボトル筏の進水です。
最初は少しおっかなびっくりしながら試乗開始しましたが、結果は大成功。


筏は二隻できました

みんなで2リットルのペットボトルをたくさん集めたので、筏を二隻作ることができました。


万一のことを考えてゴムボートで伴走

万一、筏が沈没したら大変なので、ゴムボートで伴走しました。
筏はしっかりできていて大丈夫そうです。


筏に乗ってみんな楽しそう

みんな交代で筏に乗りました。
筏に乗って、みんな楽しそうでした。


ゴムボートと並走

みんなだんだん自信がついて、ゴムボートと並走したり、あちらこちらへ行けるようになりました。


ゴムボートもにぎやかに

ゴムボートでは池の遠くの方まで行けました。
みんなでワイワイガヤガヤ楽しそう。


二隻の筏でスーイスイ

だんだんじょうずに乗れるようになり、二隻の筏であっちへ行ったり、こっちへ来たり。
風で流されないように長いロープでつないでいるから大丈夫。


自然の家の職員の方へ感謝!!

ペットボトル筏を作ったり、筏やゴムボートに乗ったりしましたが、あっという間に時間が過ぎました。
最後に、ライフジャケットやゴムボートのお世話をしてくださった、加古川市立少年自然の家の職員の方へお礼を言って一日の活動が終わりました。
とても有意義な一日になりました。