HOME > cs_event > ev20171015_imohori

さつまいも畑の芋掘り(40団との合同)
2017/10/15 西区岩岡町のさつまいも畑にて
10月15日(日)あいにくの雨模様の中、西区岩岡町で今年の5月に40団との合同で植え付けをしたさつまいもの収穫を行いました。
 

さつまいも畑を提供いただいた地主の方やBSOBの方にお世話になりながら、植え付けから収穫までの間、夏の暑い時期も含めて両団のスカウト、リーダーが交代で草抜き、水やりに来て大切に育てました。


当日は両団集合後、お世話になった方へのお礼の「寄せ書き」を作成してから岩岡町の畑に向かいました。
小雨の中、畑に到着すると開会式を済ませて、地主の方から芋掘りのやり方について説明を聞いた後、みんなで書いた「寄せ書き」をお世話になった地主さんとBSOBの方にお渡ししました。
お二人は大変喜んで下さいました。
 

40団、43団合同で集合です みんなで「寄せ書き」をしました 「寄せ書き」完成!! こんなに立派に育ちました 地主さん、ありがとう!! お二人とも、大変喜んで下さいました
 

スカウトたちはみんなカッパと長靴、軍手という出で立ちで作業を始めます。
まずは、畑一面に生えているさつまいものツルを切って畑の上から移動させること。スカウトたちがみんなで力を合わせて葉っぱをを移動させました。
ツルを切る時に畑全体を覆っている黒いビニールもいっしょに剥がすのですが、なんとビニールの下からマムシ2匹、青大将1匹と遭遇してびっくり。
マムシは地主さんが処分してくれましたが、青大将は当団のスカウトが家で飼うんだと言って持ち帰りました。他にかな蛇を捕まえたスカウトも・・・。
 

カッパと長靴、軍手で芋掘り準備 先ずは、芋のツルを地主さんに切ってもらいました みんなで力を合わせて葉っぱを移動 苗を植えたときの立札が出てきました ビニールをはがすと・・・ マムシ発見!! ごめんなさい
 

畑の上を覆っていたものが無くなると、さつまいも苗の茎の部分だけが残って見通しが良くなりました。
この茎の下にさつまいもがなっています。
一本の茎には大小合わせて3~5個ぐらいのさつまいもがなっていました。
 

おいもを掘ってニッコリ こんなにたくさん
 

すべてのさつまいもを掘り終わるころになって少し雨脚が強くなり後片付けをして早々に引き上げることになりました。
もし、天気が良ければこのまま焼き芋をする予定でいたのですが残念です。
 

みんなで最後に記念撮影 雨も強くなってきたので帰ります
 

収穫したさつまいもは、少し熟成させてから団行事や隊活動で美味しくいただきたいと思います。