HOME > DAN Corner > ev20151220_seisou&X'mas
年末清掃&クリスマス会
2015/12/20 多聞台中央公園/多聞団地センターにて
 
 

平成27年も終わりに近づいた12月20日の日曜日、今年最後の団行事として年末清掃とクリスマス会を行いました。

団の活動へ   

(年末清掃)

 当団に所属するビーバー隊、カブ隊、ボーイ隊のスカウト及びリーダーと団委員の協力で日頃活動のベースとして使用させていただいている多聞団地センター周辺の落ち葉やゴミ拾い、側溝の掃除などを行いました。

それぞれの隊ごとに受け持ちエリアを決めて清掃活動をはじめましたが、普段から地域の方が清掃活動をされていますので、あまりたくさんのゴミはありませんでした。
植え込みの中に隠れた空き缶やビニール袋、側溝に溜まった落ち葉などを取り除き約1時間程度で終了しました。


(クリスマス会の準備)

年末清掃を終えた各隊のスカウトたちは午後のクリスマス会に向けて各隊ごとの出し物であるスタンツの練習を行いました。今年は各隊のリーダーにもスタンツをお願いしました。また、ボーイ隊の女子スカウトがソングマスターとなってスカウト全員にクリスマスソングの練習をしてくれました。昼食を終えたら、みんなでクリスマス会の飾り付けを行います。ビーバー隊からボーイ隊までみんなで力を合わせると集会所の洋室はみるみるうちにクリスマス会の会場に変わってゆきます。

(クリスマス会)

午後1時、定刻通りみんなでクリスマスソングを歌いながらクリスマス会が始まりました。
ボーイ隊の女子スカウト2名が進行係を勤めてくれます。
団委員長からみんなで思いっきりクリスマス会を楽しみましょうとのお言葉をいただいて、ボーイ隊のリーダーのショートコントからスタンツが始まりました。
 
ビーバー隊のファッションショーではカラフルなビニールにキラキラしたテープやお気に入りのシールを貼ったとっても素敵なマントを身に付けてポーズを決めてくれました。
カブスカウトたちは自分で描いた絵で「マッチ売りの少女」の紙芝居をしてくれました。ボーイ隊はアカクマ班のスカウトたちは「黒頭巾」、フクロウ班のスカウトたちは「4匹のこぶた」というオリジナルをもじった劇を披露してくれました。
ビーバー隊のリーダーは最初の格好と幕に隠れて変装した後の姿のどこが違うかを当てる「どこが違うでしょう?」ゲーム。カブ隊リーダーは「メリークリスマスおおかみさん」という絵本の朗読など途中でクリスマスソングを交えながらとっても楽しい時間を過ごすことができました。
 
スタンツ大会が終わるとサンタクロース姿の団委員長から育成会長が手作りしてくれたスカウト、リーダーそれぞれの名前入りの木製ネームプレートのプレゼントがありました。その出来栄えが素晴らしいのでもらったみんなびっくり。

 

(キャンドルサービス~懇親会)

その後クリスマス会はキャンドルサービスへと移ってゆきます。電気を消した真っ暗の部屋の中にみんなが手にしたろうそくの灯りだけがやさしい光を放つ中、きよしこの夜の合唱と副団委員長のお話。

キャンドルサービスの後はスカウトたちが楽しみしていたクリスマスケーキと飲み物での懇親会。サンタクロース姿の育成会長から作りたてのポップコーンのプレゼントもありました。スカウトたちは友達と話したり、ケーキを頬ばったりしながら楽しい時間はあっという間に過ぎて今年のクリスマス会は幕を閉じました。