HOME > DAN Corner > ev20150920_scouting_day
スカウトの日
~上進式、体験入隊会、カントリー作戦~
2015/9/20 多聞台中央公園にて
 
 

ボーイスカウト活動は、9月からが新しい年度となります。
今日は「スカウトの日」の行事として、「上進式」、「カントリー作戦」の活動を行い、合わせて「体験入隊会」を行いました。
大型連休シルバーウィークの最中とあって参加できるメンバーが少ないのではと心配していましたが、好天にも恵まれほとんどのスカウト、リーダー、団委員、保護者の方が参加してくれました。
また、体験入隊会には体験者19人、保護者他23人の参加を頂き、楽しい体験入隊会とすることができました。

団の活動へ   

上進式

毎年9月には各隊の最上級のスカウトたちはひとつ上の隊へ上進します。

43団では今年も「ビーバー隊」から「カブ隊」へ、「カブ隊」から「ボーイ隊」へ、「ボーイ隊」から「ベンチャー隊」へ、「ベンチャー隊」から「ローバー隊」への上進がありました。
所属隊の隊長から上進するスカウトたちへの激励の言葉、上進する隊の隊長への申告及び引き継ぎのあと、上進式恒例の行事として元の所属隊から上進する隊へ紅白のロープを挟んでスカウトたちを放り投げる儀式を行いました。
放り投げられたスカウトちは新しい隊の隊長からネッカチーフと歓迎の言葉を贈られました。 


体験入隊会

43団では毎年、年2回(5月、9月)に体験入隊会を行っています。
予め、体験入隊会のお知らせを周辺の幼稚園、小学校に配付して参加者を募ります。
参加してくれる子供たちが楽しんでスカウト活動に興味を持ってもらえるよう毎回テーマを決めて趣向を凝らすように努力しています。
 
今回のテーマは「忍者修行」。初めは保護者と子供たちが4組に分かれて行う「縄結びの術」でスタートしました。
オープニングゲームの後は「縄登りの術」、「抜き足差し足の術」、「手裏剣の術」など忍者修行をゲーム感覚で楽しみました。
「忍者修行」の終了後、優秀組にはメダルが贈られました。また、修行を終えた子供たち全員に「免許皆伝の巻物」が贈られました。


昼食とゲーム

ゲームでペコペコになったお腹が鳴り始めた頃、団委員さんが作ってくれた特製カレーライスに舌鼓。昼食の後はドームテントで遊んだり、グラウンドでゲームを楽しんだり参加してくれた子供たちにはとても印象に残る一日になったのではないでしょうか。 

カントリー作戦

毎年9月は「スカウトの日」として全国のスカウトたちが社会のために奉仕する活動を行います。
「カントリー作戦」はスカウトたちが日ごろ活動の拠点にしている地域周辺に落ちている空き缶、空き瓶、ペットボトルやゴミなどをみんなで力を合わせて拾うことにより、いつもお世話になっている地域の方々への恩返しという意味があります。
ゴミ拾いはビーバースカウトから年配のリーダー、団委員まで全員で当たります。
今年も生垣の奥や側溝の中に放置されている空き缶等をスカウトたちは一生懸命拾ってくれました。
こうした奉仕活動に参加することによってスカウトたちの心に奉仕の精神が根付いてくれることを期待して止みません。