HOME > DAN Corner > ev20150405
老人ホーム訪問
2015/4/5 大慈吉祥園にて
 
 

桜が満開の4月5日(日)、43団が毎年続けている老人ホームでのお年寄りとの交流会に行って来ました。
この日のためにスカウトたちは組集会でお年寄りに披露するスタンツの練習をしてきました。老人ホームにはカブ隊だけではなくビーバー隊、ボーイ隊のスカウトたちもいっしょです。

団の活動へ

午前中は多聞団地センターで各隊がそれぞれのスタンツと最後に全員で歌う合唱の練習、本番を想定した通し稽古を行いました。昼食の後、いよいよ老人ホームに向けて出発です。あいにくの雨模様でしたが、老人ホームの周りは満開の桜でいっぱい。毎年この時期にこの風景を見ると春が来たことを実感します。
さぁ~、いよいよお年寄りとのご対面です。スカウトたちが階段を上がって2階のホールに入るとお年寄りはホールに座って私たちが入場するのを待っていてくれました。
早速、交流会の準備に取り掛かり、団委員長の挨拶から交流会が始まりました。司会進行はボーイ隊のスカウトたち。

 


演目のトップバッターはビーバー隊のスカウトたちによる「妖怪体操第一」のダンスです。お母さんに作ってもらった衣装でバッチリ決めてとっても可愛いダンスでした。
カブ隊は組ごとに1組は「おむすびころりん」の劇、2組は「折り紙」、3組・4組は合同で「組体操」を披露しました。

 


ボーイ隊はお年寄りとの「手遊び唄」。スカウトやリーダーがお年寄りの間に入っていっしょに手遊びをしました。

最後に「Let it go」「キセキ」「花は咲く」「ふるさと」を全員で合唱。特に最後の「ふるさと」はおじいさん、おばあさんもいっしょに歌っていただきました。
楽しい時間もあっという間に過ぎ、ビーバー隊の隊長が、また来年の桜の咲く時期にお伺いすることを約束して閉会となり、おじいさん、おばあさんからは「今日は本当にありがとうね」とのお言葉をいただいて会場をあとにしました。